08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

アイセック大阪大学委員会

Author:アイセック大阪大学委員会
アイセック大阪大学委員会です。世界110の国と地域のネットワークを活かした海外インターンシップ事業を行っております。次世代を担う学生の挑戦をお手伝いします。詳しくはHPをご覧ください。
http://aiesecosaka.sakura.ne.jp/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~General Preparation Seminar 2012~

2012.01.31 19:07|送り出し事業局
さてさて、
今回は1/21(土)に大阪大学豊中キャンパスで開催されました大規模なイベント、
『GPS』
について、送り出し局 - チームITEPの西嶋がお伝えします!^^


GPS…?何それ?グローバル・ポジショニング・システムのことか?
と思ったそこのあなた…:D
実はGeneral preparation seminarの略だったんですね~^^

英語表記からも見て取れますように、
このイベントはプレパレーション・セミナーです。
要するに、インターン生のみなさんが、実際に海外インターンシップに参加されるにあたり、
このイベントを通して
①海外で働くということに現実味を感じていいただく
②研修に対する目的・わくわく感が深化する
③他の研修生とお互いに刺激し合う関係になる

ことを目指すために、開催されました!!:)



ここで、申し遅れていたことがあります。
実はこの企画、アイセック大阪大学委員会だけの企画ではなかったんです!
なんと、アイセック関西学院大学委員会とのコラボ企画だったんです!!!

阪大の研修生さんだけじゃなくて、もちろん関学のインターン生さん、
また、神大のインターン生の方も参加していただき、総勢40名ほどの方に参加していただきました。

DSC02335_convert_20120131174110.jpg

コンテンツはこんな感じで行いました。

1. 危機管理講習会...アイセックのメンバーがJICAの方々から教えていただいた、海外での生活に
おける注意・対策をお伝えしました。
2. I am a Japanese!...現地で外国人と働く際に障壁となるであろう、日本人の”苦手”を
知り、対策を考えました。
3. EP-Talk...インターン参加経験を持つOBインターン生さんより教訓をもらい自分のものにすることを目的にしました。
4. Wrap Up...イベント全体の振り返りを行いました。




1. 危機管理講習会

こちらは、大阪大学委員会のメンバーで送り出し局員でもある、
矢野さんから発表をしていただきました。


DSC02356_convert_20120131175553.jpg


このセッションでは、
海外においての自己の危機管理について、各テーブルの中で意見を出し合い、
自分を管理する必要がある海外での行動指針などについて話し合われました。

印象的だったのは、その国々での宗教上のタブーなこと等を挙げてみよう!
というもの。
子供の頭をなでたらいけない国では、
日本人らしく頭をなでてほめてあげたりすることができないですよね。

日本とは違った禁忌等々...
海外渡航経験の豊富な研修生さんもたくさんいらっしゃったこともあり、
独創的な意見も多々見られました!

とても刺激的だったと思います^^




2.I'm a Japanese!


ここからは関西学院大学委員会のメンバーの山本さんにバトンタッチです!
また、外部講師として、関西学院大学で講師をしておられる、
Jon 先生をお招きしての、内容のとても濃いセッションとなりました。

DSC02372_convert_20120131180308.jpg


このセッション、all 英語で行われました!
と言いましても、あの場に参加してくださった方々は
英語話すことに対して何の抵抗も感じない方ばかりだったと思います。
実際、英語での話し合いの中でも、積極的に意見交換されていて、
感激いたしました。XD



外国人から見た日本人の性格的特徴や、
日本人が日ごろ意識することのない『苦手』を知ることが目的でした!!:D

中でも、
"Paris syndrome"
についてのセッションは、かなり印象的でした。

みなさんもそうかもしれませんが、
おフランスのパリ...なんだかとっても美しい花の都♥
ってイメージがありませんか??

でも実際行ってみると、想像とは違って、
街が汚かったり、自分のイメージとのギャップを感じてしまうことで、
気分がすぐれなくなってしまう事のことを言います。


なんだか、自分が海外に思いはせることが多いせいかもしれませんが、
こんなこと起こってほしくないな~
と思った反面、私の場合は、この"Paris syndrome"の逆の現象が起こっていました。
去年の夏にインドに行ってきましたが、
それこそ行く前は、ガイドブック等々から危機管理の重要性だの、
治安の悪さだのなんだのについてかなり吹き込まれていたこともあって、
インドに対して不安だらけでした。

でも!!!案ずるよりなんとかってやつで、
行ったらもうインドが大好きになりました!
確かに町は汚かったし、インドが抱える様々な問題点が手に取るように見えてきた日々でしたが、
インドというお国柄と会合ったんだと思います!



大きく話がそれてしまいました...
失礼いたしました^^

また休憩時間にはこんな光景も見られました!
なんかかっこいいですよね^^
huhuhu...

DSC02370_convert_20120131184852.jpg




3. EP-Talk

こちらは、インターンシップをすでに終えられたインターン生だった方々3名から、
自分の研修についてそれぞれ軽く発表していただきまして、
そのあと、ラウンドテーブル形式で話を聞きたい方のところへ
お話を聞きに行くことになります!


DSC02380_convert_20120131184319.jpg



このコーナー、事後アンケートでは断トツ一番の好印象のコーナーでした。^^

やっぱりこれからインターンに行く方々にとってみれば、
先輩インターン生の方の話を聞くことが、
一番の不安解消方法なんやと思いました。:D


DSC02411_convert_20120131185206.jpg




最後に参加者全員で集合写真を撮りました!!!XD

DSC02414_convert_20120131185602.jpg


本当に楽しいイベントとなりました!!^^

お忙しい中、阪大まで来ていただいたjon先生をはじめ、
インターン生の方々、アルムナイの方々、
そして企画者のメンバー...ありがとうございました!!

みなさんのおかげですばらしいプレパレーションセミナーを
完成させることが出来ました!:)


それでは今回はこのあたりで失礼いたします。
ではでは。^^

スポンサーサイト

授業報告会(高校リインテ)を実施しました!

2011.12.16 00:44|送り出し事業局


こんにちは!
送り出し局チームYDEP2回生の高崎美里です。
メンバーブログへの投稿は、インドへのスタディーツアーの時以来です。
少々緊張ですね^^



さて、今回は私たち送り出し局が一丸となって取り組んだイベント、
授業報告会(高校リインテ)について、紹介させていただきます。

12月9日(金)・12日(月)と二日間に渡って開催されたこのイベントは、
今年で5回目のアイセック大阪大学委員会伝統企画でした♪


あ、そうですね!当日の様子をご紹介する前に、まずは、
授業報告会(高校リインテ)とは?という所をご説明しなければいけません:)

授業報告会とは、高校の授業時間をお借りして、
研修から帰ってきた研修生さんに自らの体験を高校生に語っていただくことで、
研修生さんには自身の研修を改めて整理してもらう場を、
高校生さんには研修・ひいては大学の可能性を知ってもらう場を提供し、
それぞれにとって有意義な場を作ろう!という企画です。
この5年間、私たちは大阪府立千里高等学校さまの協力のもと、
このイベントを脈々と受け継いで参りました。


私たちは高校リインテ(リインテ:Reintegretion=再統合、再統一)と呼んでいます。
つまり、その機会を通して新たに考え、そしてまとめてもらおうということですね♪



そんな授業報告会の一日目、12月9日(金)の様子はこのような感じでした!
参加された研修生さんは上の写真から順に、高田さん、伊関さん、辻さんです:)



DSCF3931_convert_20111216002514.jpg
高田さんは、研修を行った、かつ自身も大好きである国インドの魅力を
生徒さんとの対話を交えながら、面白く語ってくださいました^^
後半にご紹介したインド映画には、生徒さんみんな釘づけでしたね(笑)


DSCF3890_convert_20111216002612.jpg
伊関さんは、研修を通して経験した「自身の強みを活かす」大切さを、
出来るだけ生徒さんの意見も取り入れながらお話して下さいました。
特に後半のグループワークでは、
生徒さん自身も自らの「強み」とは何かを考え発表する、という
生徒さんの主体性を重視した授業をされていて、とても面白かったです^^


DSCF3905_convert_20111216002710.jpg
辻さんは、「真の異文化交流って意外と身近なところから始まるんだよ」ということを、
自らの体験を元に、分かり易く語ってくださいました♪
生徒さんからは「辻さんがキラキラしていて素敵」という声もありましたよ^^
辻さんのメッセージがそれだけ生徒さんの胸に響いた、ということなのではないでしょうか。


DSCF3961_convert_20111216002743.jpg
一日目、終了の記念撮影です!
みなさんお疲れ様でした★




二日目もご紹介していきますよ!こちらもとっても素敵でした。
上から順に、近藤さん、加藤さん、高家さんのお写真です。


DSCF4006_convert_20111216002823.jpg
近藤さんは、研修に行く前は自らも持っていた「ステレオタイプ(偏見)」について、
実は意外とそれらが日常生活にもあることを生徒さんたちに伝え、
いろんな人と仲良くなる上では、そういったステレオタイプな考え方が時に障害となってしまう、
というお話を、具体的な経験も交え分かり易く紹介してくださいました。
前半のインドネシア○×ゲームは、特に盛り上がっていましたね!


DSCF4022_convert_20111216003149.jpg
加藤さんは、自らの夢でもあった「海外で働く」ということについて、
「海外で働くってどんなこと?」と生徒さんに投げかけつつ、自らの考えを述べて下さいました。
自身が高校生の時はこんな感じだったよ、というお話も最初にされていて、
生徒のみなさんも非常に親近感を持ってお話を聞けたのではと思います:)


DSCF3984_convert_20111216003246.jpg
高家さんは、自らが研修を行ったインドという国での経験、そして、
自身が高校生の時にすごく悩んだ「大学・学部選び」というテーマについて、
出来るだけ身近に感じられるようお話して下さいました♪
前半で高家さんがインドでの一人旅の様子を写真で紹介する場面では、
スクリーンに写真が一枚一枚映る度に「おー!!」という歓声が上がっていましたね!


DSCF4054_convert_20111216003335.jpg
二日目も、終了の記念撮影です。
みなさん良い笑顔ですね^^






今回のこのイベント実施に向け、
6名の研修生さんと、その研修生さん一人ひとりについたアイセック側の担当者は、
1か月以上前から二人三脚で授業を作ってきました。

授業をする、という経験なんて今まで皆無な方がほとんどである中、
研修生さん全員が、「どうすれば面白いと思ってもらえるだろう?」
「どうすれば伝えたいことが伝わるのだろう?」と一生懸命に考えて下さいました。

アイセック側の担当者も、「ベストな授業の形」が分からず、苦しんだ時期もあると思いますが、
最終的にはこのように満足のいく形で、イベントを終えることが出来ました。


今改めて振り返ってみれば、
思考錯誤し、悩み、考え抜いたそういった全ての過程が、
アイセック側の担当者、そして、研修生さんにとって
意味のある時間だったのではないかと思っています。

至らない所も多々あったと思いますが、
このイベントを担当させていただき、私は本当に幸せでした。
改めてこの場でみなさんに感謝したいと思います。
本当に、ありがとうございました!!




あとは、報告書の執筆のみですね(笑)
頑張りますよ!




ではでは、次回の投稿まで今しばらくお待ち下さい♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。