06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

アイセック大阪大学委員会

Author:アイセック大阪大学委員会
アイセック大阪大学委員会です。世界110の国と地域のネットワークを活かした海外インターンシップ事業を行っております。次世代を担う学生の挑戦をお手伝いします。詳しくはHPをご覧ください。
http://aiesecosaka.sakura.ne.jp/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイセックをやる意義について

2012.04.13 18:02|新歓2012


こんにちは!(・ω・)
アイセック大阪大学委員会 送り出し局局員 水迫史孝です。


今日はお話したいと思うのは・・・

「アイセックをやる意義について」

アイセックに入ってもうすぐ1年になりますね~。僕は何を学び、得たでしょうか。
ちょっと考えてみましょう。




理想状態から降ろしていく思考法 その大切さ
企画書の書き方
メールの書き方
効果的なプレゼンの方法
ミーティングの方法
少しのお酒と少しのコール
少しのお友達
   ・
   ・
   ・


ひとそれぞれではありますが、いろいろありますね。
いかにたくさんのものをアイセックで得られるかがわかります。
ためになったね~(^-^)/

・・・・・・・・・・・・・・・


本当に?

確かにためになったけど、自分のものにできてない気がしているこの1年間。

はて、僕の手元には何が残ったのか。それなりに活動には参加してきたはずなのに

密度の濃い日々を過ごしてきたはずなのに、身についたのは上に挙げたものの、お試し版レベルの力ばかり。

何か自信を持ってこれができるようになったと言えるものがあるだろうか・・・・・



いやない。



なぜかしら。




それは僕が、学ぼうと思ってこの1年を過ごしていなかったからです。

ただ仕事をこなすことだけを考えて、

人に学び、本に学ぶことをせず創意工夫を怠った。

浴びるように活動することで、体が勝手に吸収してくれると思い込んでいたのです。



もちろん何度も経験をすることで、身につくことはあるでしょう。
しかし工夫もなく、なんとなく流れるように活動をしているだけでは、
身につくものはないのです。

僕がやっていたのは、こなすこと、すなわち「終わらせること」を考えた仕事でした。

こなしていれば、組織に迷惑はかからないかもしれませんが、

自分のためにはなりません。


これからアイセックに入る人に伝えたいのは、


アイセックを続けることで何かが手に入るのではありません。
アイセックで何をするかが重要なのでもありません。
アイセックは機会にすぎません。

どのようにやるかが重要なのです。

要は、自分次第なのです。
意思を持って活動すること。

たとえば、メールにしても、企画書にしても、人のグッドケースや本を参考にし、
アウトプットして初めて身につくものがある。


今後の活動ではこの「インプットからのアウトプット」を意識していきたいと思います。


といっても僕はまだまだ呆けているところが多く、考えなしの行動が
あると思います。メールにしろ何にしろ、雑なところを抜くには時間がかかるかもしれない。

少しずつ、理想状態に近づくといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわり

サークルオリエンテーション!

2012.04.08 10:31|委員会

こんにちは!
大阪もようやく桜が咲き始めましたね*

今日の記事は受け入れ事業局局員、兼新歓HP担当のぴえがお送りします。
(今回が3回目の登場です^^)


それでは本題に移りましょう。
タイトルにもある通り、
昨日は大阪大学の新入生向けサークルオリエンテーションでした!

530570_266724516751955_100002432274955_598052_396731460_n.jpg

この日はキャンパス内が新入生歓迎ムード一色。
もちろん、わたしたちアイセック以外の部活・サークルも、
新メンバー獲得にむけて活動する日です。

アイセックにはどんな子が来てくれるかな?なんて、
どきどきわくわくしているうちに、
オリエンテーション開始の10時に!

そして、さっそく1年生が来てくれた!!!!!

なんと、アイセックの説明ブースには
オリエンテーション終了の3時まで
途絶えることなく新入生の皆さんが来てくれました^^

539873_266724390085301_100002432274955_598048_1669452275_n.jpg
▲熱心に説明を聞いてくれています!
(紺色のパーカーを着ているのが、アイセックメンバーです)

説明を聞きに来てくれた皆さんは、学部も出身もさまざま。
中には、メンバーと同じ学部や学科、専攻のひともいたりして、
共通の話題に花が咲く場面も。
終始和やかな雰囲気のオリエンテーションだったんじゃないかな、と思います。^^


もちろん、アイセックについての説明もたくさんさせてもらいました!

539160_266724416751965_100002432274955_598049_1599483869_n.jpg

本当にいろんな人とお話ができて、私個人としても楽しい1日でした。
(もう、みんなアイセックに入ってほしい><)


アイセックでは、
今後も平日の放課後や土曜日に説明会をする予定です!

このオリエンテーションで興味を持ってくれた人も、
はたまた、オリエンテーションに行きそびれてしまった、という人も
ぜひご参加ください!

詳しくはこちら!
アイセック大阪大学委員会 新歓特設ページ


わたしも説明会には参加する予定なので、
またお会いできるのを楽しみにしています♪

それでは、今日はこの辺りで失礼します。
次回の更新までしばらくお待ちください。^^

アイセックの魅力

2012.03.14 23:22|委員会
どうもはじめまして。

次年度受け入れ事業局局長の植野と言います。

さて、今回私が書く内容は
ずばりアイセックの魅力です。
アイセックは海外インターンシップを通して、次世代を担う元気な若者を輩出することを目的として
活動しています。

つまり私たちは日々海外インターンシップの運営をしているわけですが、
「その魅力ってなんなの?」というところを自分なりにつらつら書いていきます。

結論から言うと
「でっかいことができる」
ことだと思っています。

ものすごく簡単に言いましたが、
でっかいことができる
→国境や大学間を越えた活動
→学生のレベルを超えた活動
だと考えます。

たとえば、
アイセックをやっていなかったらギリシャ人やタイ人やウガンダ人と会話する機会なんて人生でなかったかもしれない。
アイセックをやってなかったら24大学の友達はできてなかったかもしれない。

そんな風に国境や大学間を越えた出会いがあるってことが一つの魅力ではないかと思ってます。

そして実際の活動を見てみるとびっくりするほど本格的。
営業活動を行ったり、学生に対してコンサルをしたり…。
時には想いがぶつかったり、うまくいかなくてしんどいときもあるけど、
それはみんなが本気で目指したいことがあるから。
単に学生生活を漫然と過ごしていたら絶対に経験できないことがほんとにいっぱいあります。

せっかく学生っていうものすごく自由な身分にいるんだから
でっかいことしたいですよね!

今回はこれで終わりにします。
それでは次回お楽しみに!

国際会議 in モロッコ!

2012.03.11 11:41|海外活動

AIESECでは
この3月にアジア、ヨーロッパ、中東、アメリカ、アフリカで
インターンシップの運営をより良いものにしていくための国際会議が行われます。

そこで、一足先に始まった中東地区の国際会議(会場:モロッコ)から
私えたろが記事を書きます。

この度日本から14人がモロッコに集う訳ですが、
大阪大学大学委員会からは私を含め3名の参加です。

モロッコに行くのに関空からドバイを経由しましたが、

ドバイの空港でバーレーンのアイセッカーから声をかけられました!
アイセックのネットワークってスゲー

では国際会議本格始動明日からの記事にご期待ください!!

タイスタディツアー

2012.03.09 01:44|海外活動

こんばんわ!

アイセック大阪大学委員会のぴえです!
このブログには2回目の登場です。
(前に鍋パーティの記事書きました*)


先日ブログを更新した小野くんと同じで、
わたしも受け入れ事業局の局員として活動しています\★/

去年の夏休みには、活動の一環として
日本で研修をしたい!という学生をさがしに
タイに行ってきました♪
すこし前の話になってしまいますが、
わたしからはその話を紹介したいと思います^^

小野くんたちメンバーが
研修を受け入れたい!という企業を見つけたら、
次は日本で研修をしたい!という研修生をさがす作業が始まります。

タイでは、
現地の大学の日本語専攻クラスにお邪魔して
日本企業のPRを行ったり、
向こうのアイセックメンバーと研修生についての情報交換をしたり、
マンゴーを食べたり、
タイ風すきやきを食べたり、
他にもおいしいものがたくさん…

IMGP0384-2.jpg

ちょっと話がずれましたが
タイではとっても有意義な時間を過ごすことができました!
特に、アイセックの持つ、世界110カ国につながるネットワーク
実際に体験できたことが大きな刺激になりました。
今日もそういったネットワークを使って、
大阪大学委員会では研修生を探す作業が行われています。


タイスタディツアーのお話は
大阪大学委員会のHPにも記事があるので
よかったら見てみてくださいね^^

以上でわたしの更新を終わります*
最後までお読みいただき、ありがとうございました.+'
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。